yumo7の駄文保管庫

脱線、自虐、愚痴と見え消し多めでお届けしたい垂れ流し自分語り。wot/ギター・エフェクター/CD/漫画/小説/珈琲、お酒、食べ物etc

【エフェクターレビュー】Warlus Audio Voyager

f:id:yumo7:20200711174222j:plain

 

 

このブランドのペダルはオシャンティーなエアーみがある。

 
 
いっとき「ケンタっぽい」ってことで話題になりましたね。ギタマガの特集とかで。厳密にネット資料漁ったわけじゃないので話題になったと言いつつも私見ですが。矛盾。
 
私はケンタに詳しくないというか、それ系は本家・コピーどちらも持ってないです。昔々、地元のロックインで¥69,800ぐらいのシルバー本家が売られたのを見たっきり縁が無い。USEDだったのかなあ。すぐ売れてたと思います。今では考えられない値段だ……。あとこちらは私が好きなまとめです。
後継機のKTRが発表された時はだいぶ遅れてから予約したんですけど、お店から「いつになるか分かりませんよ」って言われましたね。そしてそのお店は無くなりました。合唱。今は頑張れば入手できるっぽいんですけど、当初の値段より上がってた時があって(代理店変わったとか?)それ以来「じゃあいいや」って興味が無くなってそれっきり…という感じです。
 
そも、ちゃんとした真空管アンプとセットみたいなイメージなので持ってても意味無いんじゃない…? みたいな不安があるんだなケンタには。なのにコイツは買っちゃった。
 
 
肝心の音はマイルド・甘め路線だけど若干の毛羽立ちも感じるというか、わりと古臭さい風です。ケンタと似てるっていうのは(ケンタは動画とかでしか知らないけれど)歪み方がヘッドルームに余裕ある的な、無理した感じ無しにザラっと歪んでくる感触を言ってるんじゃないかなあと。
ゲインは0でも音が出るタイプ、マックスでも最近のOD類と比べれば控え目。toneは歪み具合・ボリュームにも影響あります。上げたほうが歪んで&音が大きく聞こえる。
 
メーカー的にはプリアンプ/オーバードライブって分類なので、他のペダルorアンプと絡めて使うと真価を発揮するタイプか。
ということで、これもまた他所の特集(エフェクターブックの)ですが、ここの後半にある「ケンタ+他のエフェクター」って使い方のケンタ部分をコイツに置き換えたらハマりました。
 
 

f:id:yumo7:20200711174819j:plain


 
「ファズ→Voyager」「Voyager→TS系」どちらも好感触。要するに「後段で補正」「前段でプッシュ」どっちもイケるってことでしょう。
別にTS系じゃなくて、他の歪でもよさげ。
 
単品でも、gainマックスでtoneも上げ目(3時~)にしたら、高めのミドルがバキュッっと強調されてコードをジャカジャカしたくなる音が出てきたので、これはこれで良いのではないかと。若干ノイズがありますけどそれも含めてロックって感じです。
 
 
ケンタ系とダンブル系は作った側が思ってなくてもそう言われるパターン多いようなイメージがある。売る側としてはハクつけたりイメージさせやすかったりするから便利だろうし。それだけ元ネタが偉大ッってことでしょうから致し方なさはある。売る側も大変やなって
 
 
ケンタかどうかは置いておいて(散々言っておいてなんですが)、色々と試してみたくなる、いいペダルですね。